探偵の尾行と浮気調査

誰かに尾行されたことがあるという方、
それも探偵に尾行されたなんてという方はまわりには普通はいないのではないのでしょうか。

中にはストーカーのような人物に尾行された方はいらっしゃるかもしれません。
ストーカーの尾行はいわば自分の存在を見せつけるための手段の一つなっており、ストーカーに尾行されたという人は近年増えてきているのではないでしょうか。

ただ、そもそも尾行されていると気付かれてしまってはもはや尾行とは呼べないのですが、
とにかく素人の方が尾行してしまうと加減がわからずにどこかでバレてしまったりするものです。

しかし、探偵のように尾行を仕事とする場合は、尾行することによって得られるはずの情報が得られなくなってしまうため、決して尾行を気付かれてはならないのです。

探偵の尾行技術を持ち上げるわけではないのですが、探偵は対象者に気付かれないという点に最大の注意を払い、技術を駆使していますので、
多くの人は探偵の尾行の場合に気付いていないだけかもしれず、
探偵に尾行された人が周りにいないのもごく普通のことと言えるかもしれません。

但し、後々になって探偵に尾行されたとわかってしまうケースは実は意外と多いと考えられます。
なぜなら、依頼者が配偶者の浮気調査で証拠をとって裁判などの争いになった時、
証拠を取られて見せつけられた配偶者と浮気相手は誰かに尾行されて調べられたのだと気付くからです。

その時に思い当たるのは浮気調査を仕事としている探偵でしょう。
浮気調査はもはや探偵業界における最大の収益事業と言っても過言ではなく、宣伝競争も激しくなり、
ネットや広告などでその存在の一般的な認知度が上がってきているからです。

別の見方をすれば、裁判など争って勝てるような状況になるまでは、探偵に頼んで調べてもらっていることを知られてはなりません。
探偵に調べられていると知った人は、まず間違いなく警戒をしてしまい、尾行そのものが困難になってしまうからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする